悪徳業者、偽装工作、欠陥住宅、手抜き工事は、分かりづらい

安くて良いものというのは、この世の中でそうありません。”格安で”、”大幅値引き”というのは、信用できないのです。

手抜き工事や欠陥住宅というのは、素人が見ても、見えにくく分かりにくい所で行われます。建物が完成してしまえば、さらに欠陥や手抜き箇所は分かりずらく、”いざ”という地震や災害時にならないと発覚しないケースもあるのです。

ミスや間違いと手抜きや偽装工作、欠陥の最大の違いは、”分かりづらい場所”でやられているかという事です。手抜きや偽装は、「意図的」にしているので、建て主に分かるようなへまはしません。

そのようなアコギな工事を繰り返す悪徳業者は、契約をいそがせるといった特徴があります。嘘がばれないよう、悪事が明るみに出る前に、心変わりする前に契約しておきたいのです。

どのような契約も、あせっても良いことは一つもありません。結論は急がず、じっくりと周りのご家族、または専門家の意見も聞いて、決定して下さい。「今月中にご契約頂くと、OX%引きにいたします」というのは、殺し文句ですが、乗らないで下さい。

悪徳業者が良心的な価格で工事を行うことは、ありえません。たとえ大幅な値引きをオファーしてきても、それは、もともと不必要な工事であって、本当に必要な工事で、手を抜かれていたのでは意味がありません。

不安ばかり、あおる業者も要注意です。耐震強度さえしっかりしておけば、建物の下敷きになって死亡する可能性は、限りなく低いのですが、あたかも、明日死ぬかもしれないというような言い方をします。

震度7の直下型地震で全壊を免れる程の耐震性のある家作りは、必須条件ですが、何があっても絶対倒れない家などないのです。不必要な工事に大金をつぎ込むようにそそのかす業者は、例え、偽装や手抜きをしなくても、良い業者とは言えません。

悪徳業者、偽装工作、欠陥住宅、手抜き工事を見破るコツ

「親切そうに、丁寧そうに、言葉巧みに騙す悪徳業者が多い中、なかなか見極めるのが大変です。次の質問事項は、悪徳業者には耳が痛い事項です。これらの質問に十分に答える事が出来ない業者は、疑う価値があるかもしれません。悪徳業者の可能性は・・・大です。

  1. 工務店、ハウスメーカーなどの会社の実績が十分にあるか
  2. 会社の歴史は、長いのか、出来たばかりの新興業者なのか
  3. 建物の基礎及び、各階の構造図、構造計算書は揃っているか
  4. 会社に十分な資産があるのか
  5. 契約時の保証の内容は
  6. アフターサービスの内容は

騙されない取っておきの方法

  • 現場には定期的に足を運び自分の目で何度も見学する。(これだけで、うるさがられ、手抜き工事もやりづらくなる)
  • 工事の進行により、見えづらくなる部位は  (壁の中、天井の中、床下など)、塞がれる前に立会って現場で説明するように要請。
  • 現場見学で不安に思ったら、その時点で必ず質問する。この時の説明に不安を感じたら、第三者もしくは、専門家の意見を求め、確認する事。
  • 現場の進行状況を写真にとって記録を残しておく。(悪徳業者なら、この時点で多少は脅威に思うはず)
  • 専門知識が必要な場合は、あらかじめ、第三者機関の診断や、監理をつけること。(第3者の専門家をうけるだけで、業者にとっては、めんどくさい事になり、不正を行うのは不可能になります。)

ページトップへ